自分の価値観を見直しました

自分のしたいことってなんだろう。

そんな悩みを抱えながら本棚をあさっていたところ、「まんがでわかる7つの習慣」を見つけました。

 

http://sugunaoya.com/?p=515【書評】7つの習慣を簡単に学ぶ〜まんがでわかる7つの習慣〜

 

僕は創作、小説を書く、イラストを描く、マンガを描くことがしたいと思い、行動してきました。

でも、段々疑問が強くなってきました。創作で何がやりたいのか?

単純に技術を身につけるのが面白い。
創作を通じて知り合った人と話が盛り上がると楽しい。
あとから作品を見返すと自分の成長が感じられる。

などの理由がありましたが、どうもこれは強い目的ではないと自分の中で感じ始めていたんです。

そんなときに役立ったのが、「まんがでわかる7つの習慣」のChapter2、第2の習慣に書かれていた”迷ったときは「原則」に立ち返って選択する”という言葉です。

僕の原則として、真っ先に思いついたのは「公正」です。
さあ、この原則をどう活かしていくのか。
今後はこの部分について考えていこうと思います。

スポンサードリンク

僕の人生のバイブルを紹介します

社会人になって、特に夢に向かって毎日を生きるようになってから読書の量が増えました。
そんな中でも、何度だって読み返したいと思う本を2冊選びましたので紹介します。

本当はもっと紹介したいのですが、なんとか2冊まで絞りました。

 

人生の舵は自分で切れ!あなたの10年後は今週の33.6時間で決まる

まずこちら。僕がブログをはじめるきっかけにもなった、jMatsuzakiさんの本。

【書評】夢を叶えたい人に読んで欲しい!〜人生の舵は自分で切れ!あなたの10年後は今週の33.6時間で決まる〜

夢に向かい続ける姿勢、そのために行っている日々の努力とその方法について書かれています。
今の人生に満足出てきていない人に是非読んで欲しい一冊!

まずはブログから読み始めるのも大変良いと思います。
著者 jMatsuzakiさんのブログ
jMatsuzaki

 

マンガでわかる道は開ける

次にこちら、デール・カーネギーの「道は開ける」 のマンガ版です。

http://sugunaoya.com/?p=1100【書評】生きることを先延ばしにしていませんか?〜マンガでわかる道は開ける〜 | suguNaoya

 

技術や知識などを駆使してもどうしても辛い、というような主に精神面で辛い時に読み返しています。

心の持ちようについて書かれている部分も多く、初心に戻る気持ちで読んでいます。

 

どちらも大変オススメな本なので是非手にとってみてください。

WordPressでMacSafariとiPhoneで画像が表示されないのであせった

MacSafariとiPhoneで画像が表示されない?

昨日書いたこちらの記事で、画像がうまく表示されないという現象が起きていました。

 

http://sugunaoya.com/?p=1324絵の描き方を整理してみます 〜やる気クエストよりアージリス〜

 

 

こちらの報告はぞえさん(@kz_sue )より頂きました。
早い段階で教えてもらえて良かった……ありがとうございます!

 

さっそく確認してみると、Mac Chromeでは画像は表示できている状態。
投稿前に確認はしているので当然といえば当然なのですが、Webでは特定のブラウザだけ表示できないなんてよくあること……と思い、SafariとFirefoxも起動。結果、Safariだけ見れない。
ついでにiPhoneで見たら見れない。これは困った。

 

ファイル名が原因だった

画像を再アップロードしてみたりいろいろ試すこと小一時間……。そもそもSafariだとファイルのURL開けないじゃないですか。

シ

 

日本語はどうも怪しい場合が多い(バイト数とか)ので、ファイル名を微妙に変えてアップロードしてみました。
ファイル名「アージリス.png」おそらく「ー」とかが記号扱いでダメなんだろう、と思いましたがちがいました。

ファイル名「アーシリス.png」あ、表示できる。
濁点がアウトだった様子。

ジ

 

プラグインを入れたら解決

「safari 表示されない」でGoogle検索してみました。
WP Multibyte Patchというプラグインを使えば解決するようです。

さっそく入れようとプラグインの一覧を見ると、既にありました。有効になっていなかったので有効化をクリック。

プラグイン

 

 

このあと画像を再アップロード、記事に貼り付け直すと画像がSafariやiPhoneでも表示されるようになりました。
ファイル名を見てみると、アルファベットに変換されています。
どうも画像アップロード時に日本語からアルファベットに変換しているようです。(バイトとかでしょうか?正直全然わからない分野です)

ファイル名がアルファベットに

 

WordPressお使いの方はWP Multibyte Patchが有効になっているか一度ご確認くださいませ。

絵の描き方を整理してみます 〜やる気クエストよりアージリス〜

アージリス

今日は僕の絵の描き方について紹介します。
事の発端はこちらの記事で紹介されている「やる気クエスト」の2巻を読んだことなのです。

 

http://jun0424.com/?p=4392「やる気クエスト」2巻本日発売しました! #やる気クエスト

 

 

やる気クエストを読んで

やる気について書かれた本なので、真面目にやる気に関する感想をつぶやいた僕。

次の瞬間絵を描く人として純さんに嫉妬し始める僕。

 

つまるところ 純さんの影響を受けて純さんの本「やる気クエスト」よりアージリスというキャラクターを描かせていただきました。ということなのです。

やる気クエストの内容に「リターンが明確だとやる気が出る」と書かれていたため、時間を測る、自分の考えを整理してブログに書く、という2点をリターンとして設定し、やる気を出しつつ描いてみました。

概要

ソフト
CLIP STUDIO PAINT

ペンタブレット
intuos4 Medium

 

下準備

まず下準備です。
ざっっっくりと純さんが描いたアージリスを真似して描きます。
大体似ませんが、いきなり描くと似ないので準備運動、ということです。

アージリス_下準備

 

ラフ

次にラフです。
メモがありますがこれは時間で、このラフに5分ほどかかったらしいことがわかります。

アージリス_ラフ

 

線画

さっきのラフを下のように薄くして……

アージリス_ラフ薄い

 

その上に線画を描いていきます。
見えづらいですが、うっすらラフも表示されています。

アージリス_ラフの上に

 

今回気をつけたことをまとめてみました。
考えているような、まだ足りないような。そんな気分です。
ちなみに、ラフ抜きで1時間ほどでした。

アージリス_メモつき

 

ざっくり説明しましたがいかがだったでしょうか。
色塗りに関してはまだなんとなくやっている部分が大きいので自分の中で整理がついたらまた、書いてみようと思います。

次に何をして良いかわからなくなったので、やりたいことを整理する

先週のことです。
今年に入ってから三ヶ月以上かけて進めていたとある件がついに完了したんです。

ある程度長期の計画を持たないと充実度が低くなる

やっと終わったか、という達成感とともに次になにをして良いかわからなくなりました。
出勤前や帰ってきてからの時間もその件に時間を割いていたため、空いた時間ができたんですね。

もちろんこの時間にやりたいことはあります。
僕はゲームが好きなのでゲームしたいですし、実際やっていました。

でも、やはり今までより充実度が低い状態です。
それは今まで三ヶ月間、計画を持って行動してきたのに対し、今はその場でやりたいことだけやっていたからだと気付きました。
そこで一旦頭のなかを整理して、何がやりたいのかを整理してみました。

自分の中での優先事項は常に変わるものですので、これからも忘れずに自分の中の整理をつけていきたいです。

 

スポンサードリンク

何よりも先に重要タスクを実行することで推進力を上げる

朝、仕事に手を付けると進む、という話があります。
電話がかかってこないからだとか、同僚に質問されないだとか、仕事が途中で中断されないことがポイントと言われていたり、頭がすっきりしているからだと言われることも多いです。

この考え方について僕なりに実践し、カスタマイズした結果をまとめます。

仕事が進まなくなった

事の発端は仕事が進まなくなったことです。
ある仕事を引き継いだ結果、一日中顧客から電話がかかってくるようになりました。
簡単な質問であっても引き継いだばかりの仕事で即答できない場合がほとんどであり、一旦電話を切って社内で確認、折り返し電話をするということが多発しました。

社内での確認中にさらに電話があり、内容次第では一時間以上かかることも多くありました。

その結果、本来進めるべきだった仕事が進まなくなってしまったのです。

 時間は確保していた

僕は会社でもタスク管理をしています。
一日にやるタスク、今抱えているタスクなどを管理しているのですが、それぞれ実行した時間も記録しています。

実行した時間を振り返ってみたところ、ほとんど毎日本来やるべき仕事の時間は少なくとも二時間以上は確保できていたのです。

二時間でできる仕事は多くはありませんが、少なくもないはずです。なのに仕事が進んでいないと感じるのはなぜなのか?考えました。

最初に時間をしっかり確保しないと仕事は進まない

しばらくの間、なぜ仕事が進まないのか気にして過ごしていると、あることに気づきました。

やることが明らかになっている仕事は電話の合間でも少しずつ進み、やることを明らかにしようとしている段階の仕事はほとんど進みませんでした。

つまり、先に十分に時間を確保して、やることを明らかにしなければ仕事を進めることができないのです。

ここで「やることを明らかにする」とはどういう意味かを補足しておきます。
僕はプログラマーなのですが、プログラムを組むときに必要なものがあります。以下のようなものです。

  • 納期(期限、締切とも言います)
  • 必要な資料
  • 何をすれば良いのか?
  • 必要な道具(プログラマーの場合、開発環境やテスト環境など)

これらのものがそろっていれば、少しずつでも仕事は進みます。
逆にそろっていなければ進みません。

思いっきり噛み砕いて言うと、勉強をするときに問題集とノートと筆記用具があり、問題集の何ページを進めるのか明らかになっていれば途中で電話がかかってきても勉強を進めることができます。
しかし、ノートだけが目の前にあっても電話が何度もかかってきていたらそのたびに何をするんだったか思い出すことになります。これでは進むものも進まなくなります。

朝タスクに手をつければ良いわけでもない

今まで書いてきたことを前提に考えると、重要なのは「朝タスクを進める」ことではなく、「十分に時間を確保してやるべきことを明らかにしておく」ということになります。

僕は、会社ではいつも毎朝一日の予定を立てることからスタートしていました。
ですが、予定を立てているうちに気になることが重要なタスクを先に手を付け、やるべきことを明らかにしておくことこそが重要だと気づきました。

とはいえ予定を立てることも十分に重要ですので、僕は以下のようにすることにしました。

・予定を立てずとも頭の中で一番気になっていることがあれば30分進める

予定を立てるよりも先に重要な仕事に手を付ける理由として、頭の中がすっきりしている状態のほうがやるべきことを明らかにするのに向いていることがわかったからです。
たとえ朝であっても、少しでもメールをチェックしたりすると気になることが増えて、複雑な情報を整理しづらくなってしまうのです。

こうすることで予定も詳細に立てやすくなりますし、電話のような割込みが多い状況でも重要な仕事が進むようになってきました。

応用:午後一番の時間を使う

朝一番の頭のすっきりしている時間に、やるべきことを明らかにしておく。
これは逆に言えば頭をすっきりさせることができれば朝しかできないわけではありません。

応用として、午後一番の時間にやるべきことを明らかにすることもできます。
お昼休憩の間に仕事のことを少しずつ忘れるので、その分頭がすっきりします。
やるべきことを明らかにしているうちに、午前中にやっていた仕事を思い出してきてスムーズに再開できる効果も期待できます。

逆に午後一番に午前中の続きをやろうとしても、調子が出てくるまでにしばらく時間がかかることが多いため、有効な時間の使い方と言えます。

 

冒頭にも書きましたが、あくまでも僕なりにカスタマイズした結果です。
他の方の意見を否定するような内容も含まれているため、どんな考え方でも自分に適するようにカスタマイズすることの重要性を再確認した経験になりました。

スグナオヤ

スポンサードリンク

ITに対するカルチャーショックを感じた

昨日、大学の先輩からあるセミナーに誘われたので参加してきました。
その時カルチャーショックを感じたので書き残そうと思います。

ノートPCを使ってはいけない!?

セミナー前に先輩と待ち合わせしているスタバに入り、ノートPCを開いたんです。
そこで何気ない会話の中で、先輩がこう言いました。

「でもノートPC使わないからね」

これに対して、僕はメモを取るのに使います、と返したのですが、ここからちょっと問題がありました。

別にけんかしたわけではないのですが、先輩としてはノートPCでセミナーの記録を残すことが信じられなかったようです。

「そんな人は見たことがない」「手で書いたほうが覚えるよ!」と言われたのですが、過去に僕が参加したセミナーではノートPCを開いている人は多くはありませんがいました。
覚えることに関しても、僕はデータの方が見返すハードルが下がるので覚えやすいです。PCで記録することに慣れるまでは紙とペンの方が確かに頭の整理も記憶もしやすかったので慣れの問題かと思います。

結局、コンビニでペンとノートを買ってセミナーに参加しましたが、ITに対する認識の違いなのかな?と感じました。
僕はプログラマーなので会社では会議はほとんどの人がノートPCを開いているので、まさか使わないほうが良いとは言われないと思っていたのですが……。

セミナーの内容はお金や時間に不自由な生活をぬけ出す方法の提案、という内容だったのですが、僕にとってはセミナーに参加すること自体に不自由を感じた体験になりました。
今後はこういった「やり方」にも制限されないような生き方を目指していきたいです。

スポンサードリンク

実作業をしないとサボっているように感じてしまうことを対策した

1.成果物ができないことに対する不安

今日の出来事です。

僕はプログラマーとして会社で働いています。
今週、納品のシステムがあるのですが、修正箇所があっても良いように先週は多めに仕事をして、余裕を持っておいたんですね。

ところが、今日出社してみると、とくに修正はありませんでした。良いことなのですが、拍子抜けです。
正直、時間が余ってしまったので、まだ着手できない仕事の準備だけしておこうと思ったんです。

決まっていない箇所があっても、必要なものを予測して用意したり、資料を読みなおしておさらいしたりしていました。

ですが、だんだん不安になってきました。
「今日、プログラム組んでないし資料も新しく作ってないけど良いのかな?」

成果物がなにも出来上がっていないことに不安になってきたんです。

2.準備不足で困った経験を思い出した

ここで、自分がやっていることは重要であるかを考えてみました。
具体的には、準備をした方が良いかな?と思いつつしなくて困った経験です。

  • 振られた仕事のピンポイントだけしか内容を確認していなかったせいで修正が発生した
  • 打ち合わせや会議で資料を最低限確認しただけでは内容がわからなかった
  • 資料を読まずに仕事を始め、結局あとから見ることになった。
    最初から読んでおけばスムーズに進んだ箇所も多かった

こう考えてみると、準備は重要そうです。
ですが、どうしても不安は消えません。

3.成果物を作ってみた

人間は無駄なことを続けるのが苦痛らしいです。
僕の場合、成果物ができていないことが無駄に感じるポイントであるようです。

なので具体的に成果物を作ってみました。

わからないことリスト

です。

資料を読んだり、仕事の進め方を考えた時にわからない部分を書き留めておく。それだけ。
これを作るだけで、「わからない」ということに対する不安の対策にもなりますし、時間を割いて準備をしたことで「わからない」部分を洗い出し、事前に対策できました。

どんなときも、なんでもいいので成果物を作ることを心がけようと思います。

スポンサードリンク

Evernoteで作成したノートを見返すための工夫

Evernoteはとても便利なツールです。

ですが、せっかくEvernoteにアイディアを溜め込んでいても、普段見返さない。
そもそも、どんなノートを作成したのか忘れてしまっていました。

そこで今回、重い腰を上げて対策を考えたのでご紹介します。

1.目次を作る

まずEvernoteを見返したくなった時、どのノートを見れば良いか、Evernoteのリンクを貼ったノートを作成し、目次として使います。
こういうものはいつも見ていないと忘れてしまいそうなので、ノート名は「毎日見るノート」としました。

毎日見るノート

 

目次には「こういうことをやりたい」という時に見れば良いノートのリンクを貼ってあります。
例えば、僕は人に話を伝えるのが苦手だと感じていましたので、話がわかりやすい上司の話し方を分析して以下のようなテンプレートを作っていました。

人に伝える技術

こうして、目次に対してノートをひも付けていくことでEvernoteを活用しようと考えています。

 

2.ショートカットに登録

ショートカット

 

Evernoteにはショートカット機能があります。

使い方はノートをドラッグしてショートカットの上に持っていくだけ。
ここにノートを置きます。

他にもいくつかノートがありますが、何度も見返したいノートや、定期的に必ず使うノートを登録しています。

こうすることで、Evernoteを使うときに無意識に目に入りやすくします。

3.まとめ

今回は「いつも見るところ」に「Evernoteの使い方がわかるもの」を作成しました。

今は目次からリンクしているノートは一つで完結する内容になっていますが、今後情報が増えてきたら目次の先に関連するノートのサブ目次、という使い方も考えています。

Evernoteには多くの情報を貯めこむことができ、その情報を活かすことができないととてももったいないです。
今後もEvernoteをより有効に活用することを定期的に考えていきたいです。

 

スグナオヤ

 

スポンサードリンク

計画的にできなさそうなことへ対策するための方法3つ

今、就職して三年目になります。

慣れて計画的に手早くできる仕事も増えていたのですが、数カ月ほど前から計画的にできない仕事も増えてきました。

大体の場合以下のような仕事です。

  1. 情報が足りない仕事
  2. 誰がやっても一日以上かかるような大きな仕事
  3. やったことがないタイプの仕事

これらの仕事に対して、地道にですが効果のあった方法を紹介します。

1.人から情報をもらう

僕の場合、仕事って始めてしまうと一人で悩んでしまいがちです。
なので、最初にもらえそうな情報は全部もらっておきます。
もらえたら嬉しい資料や情報のリストを作り、仕事を頼まれた時に最初から全て聞いておきます。

ついでに詳しい説明を聞けたり、アドバイスやもっと詳しい人を教えてもらえる場合もあります。
ほぼ正解をもらえることもあるので、効果は高いです。

逆に情報が少ない場合、不安な点を言ってみたり、時間がかかりそうなことを伝えることでトラブルも防げます。

 

2.計画を立てる

仕事を始める時、とりあえずやなんとなくで手を付け始めてしまうと、見通しが立たず、時間配分もできません。

特に一日以上かかるような大きな仕事の場合、自分が今どのくらい仕事を進めているのか、あとどのくらいで完了しそうなのかわからなくなってしまいます。
なので仕事の全体を見通しを立て、TODOリストを作ります。

そうすることで自分がどのくらい仕事を進めているのかがわかりますし、最初に全体を見通すので難しそうな点があれば早めに気づくことができます。

自分ではできなさそう・難しそうだと思ったら、周りの人にも相談できます。

 

3.何でも記録しておく

今目の前にある仕事を片付ける方法ではないのですが、自分がやったことはなんでも記録することをおすすめします。

たまにしかやらないような仕事でも、前回の記録やつまづいた点を記録しておけば、見返すことで次に活かし、やったことのないタイプの仕事を最短で手順化することができます。

僕の場合、かかった時間、悩んだところ、手順を基本として作成した自分向けの資料なども全てデータにして残してあります。
会議の記録なども要点を抜き出してメモ帳など、簡単な方法ですが記録を残しています。

 

お気に召したら試してみてください。

スグナオヤ

 

スポンサードリンク