カテゴリー別アーカイブ: セルフマネジメント

次に何をして良いかわからなくなったので、やりたいことを整理する

先週のことです。
今年に入ってから三ヶ月以上かけて進めていたとある件がついに完了したんです。

ある程度長期の計画を持たないと充実度が低くなる

やっと終わったか、という達成感とともに次になにをして良いかわからなくなりました。
出勤前や帰ってきてからの時間もその件に時間を割いていたため、空いた時間ができたんですね。

もちろんこの時間にやりたいことはあります。
僕はゲームが好きなのでゲームしたいですし、実際やっていました。

でも、やはり今までより充実度が低い状態です。
それは今まで三ヶ月間、計画を持って行動してきたのに対し、今はその場でやりたいことだけやっていたからだと気付きました。
そこで一旦頭のなかを整理して、何がやりたいのかを整理してみました。

自分の中での優先事項は常に変わるものですので、これからも忘れずに自分の中の整理をつけていきたいです。

 

スポンサードリンク

行動とトリガー

トリガーを上手く使いたい

行動のきっかけのことを「トリガー」と呼ぶことがあります。
食べ物の匂いを嗅いで食欲が湧く、買うつもりが無かったのにお店で見たら欲しくなって買ってしまった、なんてのもトリガーだと思います。

これらのトリガーを上手く使うことができれば、「やる気がでない」という状態を覆すことができるのではないか?と考えました。

ですが、自分のトリガーってのは難しいものです。

 具体的なトリガー

僕が自覚しているトリガーを紹介していきます。

例えばブログを書きたくなる、というトリガーです。

  1. 何かを悩んでいる時
  2. 誰かと共有したい時
  3. まとまった量の情報である時

3つ全てそろうとブログが書きたくなります。
一つずつ説明します。

  1. 何かを悩んでいる時
    僕は悩んでいる時、情報を整理するためにはわかっていることを書き出します。
    「悩んでいる」だけの場合はノートでも十分なのでこれだけではブログが書きたくなりません。
  2. 誰かと共有したい時
    1で悩んだ結果答えがわからない、人によって意見が違うだろうから他の人の場合どうだろう、という場合です。
    ちょっとしたことであればSNSに投稿して終わりにしてしまいます。
  3. まとまった量の情報である時
    1、2を経るとブログを書こう、という結果にたどり着きます。

ちなみに、ブログを書きたくなるトリガーは複数あります。
本を読んで紹介したくなった時、などもそうです。

 トリガーって結構フクザツ

上で紹介したように、一度に三つ条件を満たしてやっとトリガーとして機能する、なんて場合も多いです。

三つというとめちゃくちゃ複雑なわけではありませんが、意識して満たすのは難しいです。
「最近ブログ更新してないから何かネタ無いかな」なんて思っていても、「よーし悩めて誰かと共有したくなるまとまった量のネタを考えれば良いんだ!」とはなりません。

つまり、トリガーを自覚したとしても意識的に使うことが難しいのです。

さらにいうと、僕はブログを書きたくなるトリガーをたまたま気づくことができただけです。
この記事を読んだ方が、ご自分のトリガーについてSNSやブログに投稿してくださると、とても参考になります。

 

スグより

スポンサードリンク

 

やりたいことを100個集めてみました

僕がやりたいことはなんなのか。
絵を描きたい、のんびりしたい、充実したい、色々なことに挑戦したい……。

思いつくものは漠然としたものばかり。
自分が本当にやりたいことはなんなのだろう?

岡野純さんが書かれたこちらの記事を参考に、「やりたいこと集め」をやってみました。

http://cyblog.jp/modules/weblogs/17122妻子持ちサラリーマンがタスク管理を始めた理由 | シゴタノ!

 

100個も無いと思っていた

岡野さんのやり方を参考に「一日一個以上」毎日やりたいことをEvernoteに書き出すことを始めました。

始める前は、「絵が描きたい」「イラストが描きたい」「絵上手くなりたい」なんて、似たようなものばかりが集まるだろう、でも何回も書かれたことほどやりたいってわかるからいいか。
そう思っていました。

ですが現在、100個集まったやりたいことを眺めてみると……

  • 絵の勉強をする
  • 速筆になりたい
  • 色彩感覚を鍛えたい
  • 描き分けができるようになりたい
  • カッコいいキャラデザがしたい
  • 圧倒的画力が欲しい
  • デザインセンスが欲しい
  • 小説、漫画、イラスト、デザイン全てできるようになりたい

……創作関連だけでも意外とバリエーションありますね!!

自分のやりたいことを整理できる

集まったやりたいことをなんとかグループにしてみましたが、グループだけでも12個できました。

しかも1グループ10項目なんてあるもんだからそんな強引にまとめていいのやら。悩みます。

最近、やりたいことがだいぶ減ってきたような気がしていましたが、そんなことはなかったようです。

整理したグループを元に、実現の方法を探っていこうと思っています。

やりたいことがわからない方や、やりたいことが多すぎて混乱してきた方におすすめの方法です。

スグより

 

スポンサードリンク

ミッション・ステートメントを一言で表す

僕は自分の夢や、やりたいことの本質/根本的な部分/原動力となる原点が何なのか、悩んでいました。

そんな中、こちらの記事を読み、自分の原点が何か考え、一言で表してみました。

http://jmatsuzaki.com/archives/15212ミッション・ステートメントを1文に要約するワークで視界がよりクリアになる | jMatsuzaki

 

僕のミッションは「限界」です。

記事の中でjMatsuzakiさんは一文でミッション・ステートメントを表していますが、僕としては一言で表す方法がしっくりきました。

僕は「練習」というものが好きです。
本を読んだり、読んだことを考えたりするのが好きなんですね。
でも文章の書き方だけ練習してブログを書かなかったり、絵を描くのが好きと言いながら練習ばかりしていたりと、自分でも不思議に思ってきました。

ただこれらが徐々に「できないことをできるようにしたい」という気持ちがあることに気づきました。

この気持ちを簡潔にまとめると……限界を超えたい。
ということで「限界」がミッションになりました。

ミッションが定まったことで「練習ばかりで実践しない」問題は解決しそうです。
実践でしか突破できない限界を自分で設定すると上手くいきそうです。

たどり着くまでは時間がかかりましたが、自分の原点と向き合って定める「ミッション・ステートメント」は強力な効果がありますよ!

スグより

 

スポンサードリンク

まとめて時間が取れる日、取れない日

会社員の平日、休日

会社員にとって、平日と休日の生活はどうしても違うものです。

僕の場合、朝家を出てから帰ってくるまでに平均十二時間かかります。

すると平日はやりたいことがあってもできないことが多いです。
休日になると平日と比べ自由時間がとても多いので、どうしていいのかわからないということが起きていました。

 

休日を計画に、平日を実行に

現在の僕の生活は、まず平日はやりたいことがあったらリストに書き出しておきます。

そして、休日の空いている時間にリストをみて計画を立てます。
例えば家計簿をつけたいのであれば、休日に家計簿をどんな方法でつけるか、ノートなのか家計簿を買ってくるのか、それともアプリやwebサービスを使うのか。

こういう計画は時間がかかります。
なので休日にしか十分にできないのです。

休日に計画を立ててしまえば、あとは平日に少しずつ実践します。
計画が立ててあるので、平日の少しの時間でも実行に移せるのです。

平日と休日、違いがあることを受け入れて使い分けてみてはいかがでしょうか。

 

スグより

 

スポンサードリンク

疲れやすい原因を探ってみた

最近疲れが溜まっているなと感じているので原因を探ってみました。

 

スポンサードリンク

 

脳が疲れている

頭が疲れているような感覚が続いていたので調べてみました。
やっぱり脳も疲労するようです。

今感じているその疲れ、もしかすると「脳疲労」かもしれません

こちらの記事によると、情報量が多い時などに脳が疲労するとのこと。
最近あまり慣れていない仕事もしていますし、家でもブログを書くので考え事をしているので情報量が多いのかも……?

ゆっくり休む時間も作ってみようと思います。

 

ジャンクフードを食べている

昼はコンビニ弁当ばかりです。
休日もコンビニやらハンバーガーを食べることが多いです。

……明日は久々に会社近くの喫茶店でご飯食べよう。
あそこの定食野菜たっぷりなんです。

 

運動不足

毎日自転車は乗っていますが、つまり、全身の運動が足りないんでしょうか。
確かに運動をしたあとはスッキリした気分になります。
ただいきなり全身運動はハードルが高いです。
こんな時は寝たまんまヨガの出番ですね。
iPhoneやandroidで使える無料アプリ(課金もあり)なのでお試しあれ。

寝たまんまヨガ簡単瞑想

 

今後は健康もきちんと考えていこうと思います。

スグより

自分のやりたいことを書き出してみる

生き方や働き方は無数にあります。

そのことを最近特に感じています。

それと同時に感じることがあります。
僕はなにがやりたいんだろう。

マインドマップにやりたいことを書き出す

まず僕がやりたいことをマインドマップに書き出してみました。

思ったより多かったです。
数分思いつくものだけでこんな感じでした。

スクリーンショット 2015-01-22 22.57.37

何か作りたい願望がにじみ出ている気がします。
それと同時に、ビジネスというものにも興味があります。
上手く掘り下げると強力な武器になりそう。

今後じっくり時間をかけて向き合っていきたいです。

あと、今もうひとつやりたいことが増えました。
綺麗な字書けるようになりたい。

スグより

 

スポンサードリンク

やりたいことを5分やることで悪循環を断つ!

欲張りな僕はあれもしたい、これもしたいと手を出します。
でも時間は有限です。絶対にできないことが出てきます。
基本的には諦めなければならないのですが、僕はどうしても諦められませんでした。

そこで思いついたのが、「5分でやりたいことをやる」方法でした。

 

スポンサードリンク

 

やるのは本当に5分

今回の場合は、時間が本当に取れない場合の話ですのでやるのは本当に5分です。
5分に設定した理由は二つです。

  • 本当にやりたいことを絞り込んで、5分がギリギリ無理矢理作り出せる時間
  • 電車で立ったまま、というような良くない環境でも5分がギリギリ集中力を保てる時間

つまり時間が本当に足りない時、場所を選ばずに無理矢理やりたいことに手を付ける方法として僕がヒネリ出した方法が今回の5分法です。

5分だけでもやりたいことができると満足感が得られます。
僕の場合、やりたいことは絵を描くだとかゲームをする、ということです。
それらのやりたいことができずに布団に入ると寝付きが悪く、朝起きづらくなっていました。

でも5分だけでもやりたいことができるなら、一日を満足して終えられますし、やりたいことをやるという習慣もつきます。

悪循環ができてしまった時は、無理矢理でも習慣を変えることが有効です。
悪循環を断つ為の手段として使うのが今回のポイントです。

 

スグより

 

インプットをトリガーにする〜インプットとアウトプットのバランスを取る方法〜

アウトプットを増やしたいと悩んでいた私は先日、一つの試みを始めました。
インプットの時間を減らすことで今までにインプットしたことについて考え、アウトプットにつなげようという試みでした。

アウトプットを増やすためにインプットを減らしてみる

今回はこの試みが見事に挫折したこと、そして気づいたインプットとアウトプットのバランスの取り方をご報告します。

 

スポンサードリンク

 

インプットを減らして何が起きたか?

まずインプットを減らすという試みでは、ブログと本とSNSを中心に減らそうとしていました。

本は毎日読んでいるわけではないので影響は少なく、逆にSNSは普段からかなり見ているので減らしたところでこちらもあまり影響はありませんでした。

ところが、ブログだけは違いました。
SNSを見ていると皆さんのブログ更新が投稿されます。
さすがブロガー、タイトルだけで読みたくなります。タイトルセンスに嫉妬。

皆さんのブログが気になった僕はブログを書こうとしても集中できなくなり、二つほど記事を読んでしまいました。
するとブログを書きたいという気持ちが生まれてきたんです。

 

インプットがトリガーになる

ブログを読むとブログが書きたくなる。何か似た経験がたくさんあるように感じました。
そう、あれは学生、特に高校時代……。

テスト勉強をしようとしたら掃除したくなった。
掃除中に漫画を整理したら漫画を読み始めてしまった。
決意して漫画を閉じ机に向かったら出しっぱなしのゲームが目に入ってゲームをしていたら日付が変わったので布団に入った。

……僕の意思の弱さは置いておきましょう。
どれも「目に入ったらやりたくなった」と言える体験です。
部屋の掃除だって、机に向かってみたら普段は意識しない部屋の散らかりが目に入った結果掃除したくなったわけです。

気づきました。
「目に入ったらやりたくなる法則」です。
集中したいなら机を片付けろとはよく言いますがこういうことだったのです。

つまり僕の場合、「アウトプットの前に関連するインプットを行う」 ことがアウトプットを行うためのトリガーだったのです。

 

トリガーを使ってバランスを取る

インプットがトリガーになることに気づいた僕は一日の行動を見直すことにしました。
ブログを書く前にブログを一記事読むことにしました。
すると毎日ブログを一記事読みますし、そのあと一記事書きます。

そうすることでトリガー効果でアウトプットへの意欲がわきますし、インプットとアウトプットのバランスがちょうどよくなりました。

僕にとってインプットとはアウトプットの為に必要なものだったのです。
その為にはインプットとアウトプットを同時に行うことがトリガーでした。

皆さんも自分のトリガーを探してみてはいかがでしょうか?

スグより

昨日の自分は別人。明日やりたいことは明日の自分にきちんと引き継ごう

年末年始の休みを終え、出勤してみたら自分の仕事がわからなくなっていました。
とはいえ、僕はいつも通り今日やることファイルを開き、事なきを得たのです。
実際は仕事を思い出しながら進めたのですが……。

スポンサードリンク

昨日の自分ってもはや別人だよね

学生時代、テスト勉強をしている間はやりたいことがたくさん浮かんでいたのにいざテストが終わってみると何もする気にならない。というか何をしたかったか思い出せない。

そんな経験はありませんか?
僕は昨日の自分は別人だと思っています。
なので明日の自分も別人です。
毎日やっていること(例えば学校に行くとか会社に行くとか)であれば別ですが、明日になればやりたいことの大部分が思い出せないのです。

明日の自分に引き継ぐ

そこでやりたいことは一箇所にまとめておきます。
僕は簡単でラクなので、主にテキストファイルに書いておきます。

毎朝それを見て、今日はこれとこれをできそうだな……と選び、今日の予定に組み込みます。
もし緊急の用事が入ったら明日の予定に入れ直します。

こうすることできちんと明日の自分が、やりたいことを引き継いでくれる仕組みができます。

番外編・ブログという引き継ぎ手段

ブログはかなり強力な明日の自分への引き継ぎ手段だと思っています。

時々ブログを見返します。
なんとなく見返す時もあれば、ブログのネタに困って見返すこともあります。
すると、ある習慣を始めた時の自分の決意など、気持ちが書いてあります。
書いた時の自分から今の自分へ引き継ぎが行われる瞬間です。

最近おろそかになっていたことをもう一度取り組み直したり、まだ続いていることだからもう少し掘り下げて記事を書いてみたり。

特にブログは他の人が読むことを想定しているのでなるべくわかりやすいように書いています。
これはただのメモや日記にはない特徴です。
僕自身、自分が考えたことを形に残したい、というのはブログを始めた大きな動機でした。
ブログ、考えるのが好きな人にはとても良い武器になりますよ。

スグより