カテゴリー別アーカイブ: 夢

自分の価値観を見直しました

自分のしたいことってなんだろう。

そんな悩みを抱えながら本棚をあさっていたところ、「まんがでわかる7つの習慣」を見つけました。

 

http://sugunaoya.com/?p=515【書評】7つの習慣を簡単に学ぶ〜まんがでわかる7つの習慣〜

 

僕は創作、小説を書く、イラストを描く、マンガを描くことがしたいと思い、行動してきました。

でも、段々疑問が強くなってきました。創作で何がやりたいのか?

単純に技術を身につけるのが面白い。
創作を通じて知り合った人と話が盛り上がると楽しい。
あとから作品を見返すと自分の成長が感じられる。

などの理由がありましたが、どうもこれは強い目的ではないと自分の中で感じ始めていたんです。

そんなときに役立ったのが、「まんがでわかる7つの習慣」のChapter2、第2の習慣に書かれていた”迷ったときは「原則」に立ち返って選択する”という言葉です。

僕の原則として、真っ先に思いついたのは「公正」です。
さあ、この原則をどう活かしていくのか。
今後はこの部分について考えていこうと思います。

スポンサードリンク

僕が「もう遅い」を言わなくなった理由

夢と不安

僕には夢があります。
以前にも記事にしています。

http://sugunaoya.com/?p=323夢を語り、実現の計画を立てる | suguNaoya

さて、このブログでは夢を語っているものの 時々思うことがあります。

今さら夢を追うなんて遅いんじゃない……?

特に最近では同年代の人が活躍しているのを目にする機会も増えてきました。
同じ位の歳で成果を出している人がいるんだから自分ではもう駄目なんじゃないか。
どうしてもそう思ってしまうのです。

 

そんなことないよ!そんなこと……ないよ……

いやいや、でも若いうちに成功した人ばかりではないでしょう。
起業をする人なんかは、むしろしっかりとキャリアを積んでから独立している人の方が多いくらいじゃないでしょうか。

ということは、僕もまだまだ大丈夫なんじゃないでしょうか。

……そんな理屈を並べても、不安は消えないものです。

 

不安を消そうとするのをやめた

そんな時、ふと思い出しました。

僕は運動が苦手なのです。
ですが、時代劇が好きだったことや母親が剣道経験があったことで、中学校では思い切って剣道を始めたのです。

試合では勝てず、級もなかなか上がりませんでした。
最初に挑戦したのは剣道二級でしたが、未経験で始めた同級生の中で僕が一番合格が遅かったのを覚えています。
更には一学年下に剣道経験者が二人も入部してきました。
そんな時、よく思いました。

小学校から剣道を始めていれば……

中学生でも始めたのが遅い、もっと早く始めていればって思うんです。
どんな人にも共通の悩みですから、自分だけが不利なんてことはありません。

今始めるのが大事なんです。

 

スグより

夢に向かうのは大変疲れるという話

夢は原動力

夢って素晴らしいですよね。

やっぱりやりたくないことよりもやりたいことの方が力を発揮できますし、集中力だって違います。
成功した時の喜びも全く違います。

人間の原動力になるのは夢だと思います。

 

夢は難しい

だけど夢に向かい続けるのは大変です。
実際、多くの人が大人になる頃には夢なんて語らなくなります。
夢に向かい続けるのは多くの人には難しいからです。

そもそも夢ってなんだろう、って考えると結構難しいです。
なんとなくこんな感じのことがしたい、というイメージは合っても具体的にと言われると上手く出てきません。

ただ僕は夢に向かい続ける先人と出会い、夢に向かい続けることの素晴らしさを知りましたし、そのための方法や多くのヒントを得ました。
おかげで僕も夢に向かい日々努力をすることができます。
その方法はこのブログで伝えていきたいです。

 

夢で疲れたって良いじゃないか

夢は疲れます。

夢は原動力になるので、夢があると頑張ります。
頑張ると疲れます。

夢は難しいので、やっぱり疲れます。
多くの人は夢とは別にやらなければならないことがあると思います。
両方やるなら、それは片方やるより疲れるでしょう。

疲れるとどうしてこんなことをしているのかって思い始めたりします。
だって、夢を諦めてしまえばもっと楽なんです。
疲れる要因が減るし休む機会だって増えます。
大体夢ってやつは難しすぎるんです。
疲れる割にあんまり成果が出ているように感じられないんです。
地道なんです。

でも、疲れたって良いじゃないか。

だって疲れたってどうしたって諦められなかったのが夢なんだもの。
疲れたーって一時的に放り出しても、もう一回始めれば良いじゃないか。

疲れた時は休めばいいと思う。
だって、やめてしまうより良いし。
好きなことなのに疲れたって口にするのに抵抗がある時期もあったけれど、疲れた!今日もうやめとく!!って言っても良いと思う。

あんまり長く疲れた日が続くなら、このやり方駄目だった!変える!って言えば良いと思う。

夢は難しいし疲れる。
ここを受け入れられれば大きな成果が得られなくても、疲れても、そこに感じる負い目は減ると思う。

ちょっとかっこ悪かったって夢を持ち続けたいと思う。

 

スグより

 

スポンサードリンク

【書評】夢を叶えたい人に読んで欲しい!〜人生の舵は自分で切れ!あなたの10年後は今週の33.6時間で決まる〜

僕が本気で夢を叶えたいと決意するきっかけになった本があります。
「人生の舵は自分で切れ!あなたの10年後は今週の33.6時間で決まる」です。

 

 

夢を叶える方法ではなく、夢を叶えるための生活を送る方法

この本では著者のjMatsuzakiさんが夢とどう向き合ってきたのか、そして夢を諦めそうになった時どうしたのか、という体験談から始まります。
そして自分の本当の夢が何なのかをあぶり出す方法、その夢に向かって毎日を送る方法が書かれている本です。

ポイントは夢を叶える方法ではなく、夢を叶えるための生活を送る方法が書いてあることです。
著者ははっきりと書いています。「私は夢を叶える方法など知りません。」と。
あくまでも誰もが夢に向かうための方法を書いているのです。

そして僕もまた、夢を諦めきれずに、この本に書かれている方法を実践し、少しずつ自分に合うやり方に調整しながら夢に向かい始めたのです。

 

夢を叶えるための方法

夢を叶える、とばかり言っていても具体性がないと思うのでこの本で紹介されている夢を叶える方法を一つ紹介します。
「タスク管理」です。

タスク管理というのはやりたいことややるべきことを「タスク」として洗い出し、それを順番に実行していくという方法です。
著者はこのタスク管理を取り入れ、仕事や家事のようなやるべきことだけでなく、夢に向かうための行動を日常に組み込む方法を紹介しています。

このタスク管理というやつも、とても奥深くてタスク管理だけで何冊も紹介したい本があるのですが、それはまた別の機会に。

 

人生に物足りなさ、息苦しさを感じている方に、是非読んで欲しい僕の人生の教科書です。

スグより

 

著者 jMatsuzakiさんのブログ
jMatsuzaki

「人」の「夢」は「儚」いか?

人の夢と書いて儚(はかない)…何か物悲しいわね…。
とはファイナルファンタジータクティクス(1997年発売)のアグリアスのヘルプメッセージです。

僕はこのゲームを何百時間と遊び、アグリアスも大好きなキャラクターです。

ですが疑問を持ちました。
僕はブログで何度となく自分の夢を語ってきました。
本当に人の夢は儚いのでしょうか?

そもそも儚いってどういうことだろう

まず儚いの意味を調べてみました。


消えてなくなりやすい。もろくて長続きしない。 「人生は-・い」 「 - ・い命」 「 - ・い恋」

不確かであてにならない。実現の可能性が乏しい。 「 - ・い希望をいだく」

何のかいもない。無益だ。 「行く水に数書くよりも-・きは思はぬ人を思ふなりけり/古今 恋一」

大したものでない。取り立てるほどのものでない。 「をかしき事も世の-・き事も,うらなく言ひ慰まんこそ/徒然 12」

思慮・分別が十分でない。愚かだ。 「日本の人は-・し。虎にくはれなん/宇治拾遺 12」

みすぼらしい。卑しい。 「長谷に詣でて,いと-・き家にとまりたりしに/枕草子 228」 〔原義は「はか(捗)無し」の意〕
Weblio辞書より引用

こうして見てみるとどちらかと言えばマイナスなイメージの言葉のようです。

夢は儚いか?

先ほど調べた意味が夢にも合致するか考えてみます。

①消えてなくなりやすい。もろくて長続きしない。
これは夢に当てはまりそうです。
夢はいつの間にか忘れてしまったり諦めてしまいがちなのです。

②不確かであてにならない。実現の可能性が乏しい。
僕は高校剣道で日本一を夢見ていたことがありますが、実現の可能性も乏しかった。そもそも今僕は剣道を続けていません。
ですが僕の一軒家に住みたいという夢はどうでしょうか。
一軒家に住んでいる人は身の回りにもたくさんいますし、「夢は一軒家に住むことです!」と言うと「いやできるでしょ(笑)」のようなリアクションをされることもあります。
どうやら実現の可能性が乏しいかは夢には絶対当てはまるものでは無さそうです。

もう一つ、不確かさについてです。
僕は一軒家に住みたいと夢見て来ましたが、自由な生き方への憧れも出てきて、賃貸暮らしの身軽さにも魅力を感じています。
夢は自分の環境によって変化するものであり、そういう意味では不確かです。

③何のかいもない。無益だ。
④大したものでない。取り立てるほどのものでない。
⑤思慮・分別が十分でない。愚かだ。 「日本の人は-・し。虎にくはれなん/宇治拾遺 12」
⑥みすぼらしい。卑しい。

そんなことは無い。(断言・即答)

夢は儚いか?

夢は消えてしまいやすい。
夢は変化していくもので不確かだ。
そういう意味では夢は儚いと思います。
ですが儚いからこそ大切にしていきたいと思いますし、夢を叶える為に努力したいと思います。
そして、このブログを通して夢が素晴らしいものであることを伝えていきたいです。

スグより

スポンサードリンク

夢を語り、実現の計画を立てる

夢というものが少しずつ明確になってきていると感じたので語ろうと思います。

スポンサードリンク

私の夢

まず、私が持っている夢は5つあります。

  1. 人生 自分の人生を生きる
  2. 創作 創作を続ける
  3. 経済 経済的に自立する
  4. 頭脳 頭脳を鍛え続ける
  5. 同志 同志を大切にする

この5つです。そしてこれから変わっていくと思います。

夢というものは複数存在するものであり、変化していくものなのです。

なぜその夢を追うのか?

順に夢を持ったきっかけのエピソードを語っていきます。

  1. 人生
    これは一番の土台となる夢です。
    そもそも充実した人生を送りたい。この一点です。
    究極的な話、人生が充実する為に他の夢が存在すると言っても過言ではありません。
  2. 創作
    私はゲームが好きです。小説が好きです。漫画も映画もドラマも好きです。ドキュメンタリーだって好きです。
    寝る前に昔話を読んでもらっていた頃から、物語というものが好きなんです。
    いつからか私も物語を作ってみたいという願望がありました。
    今はまだ願望の域を出ていませんが、実現したい夢です。
  3. 経済
    私はお金を稼ぐ話に興味があります。
    でも、お金を使うことが楽しいわけではありません。
    欲しいものは結構すぐ買ってしまう方ですが、いらないものは買いません。
    自分でもお金が欲しいのかいらないのかわからなかったのですが、今では一つ結論が出ています。
    「お金のことで悩みたくない」
    つまりお金を気にせずに活動できる環境を整えたいということです。
  4. 頭脳
    私は頭脳派です。
    といってもものすごく賢いかと言われるとそうでもないです。
    ただ体力にはあまり自信が無いです。
    自分の意志を持ち、行動していきたい。
    その為に努力は惜しまず頭脳を鍛えていきたいのです。
  5. 同志
    私はあまり他人に評価されることは気にしません。
    大体の場合、私が重要だと思っていることと相手が重要だと思っていることは違うからです。
    これは違う人間であれば仕方ないことだと思っています。
    では、私にとってどんな人に側にいて欲しいか、と考えた時に「自分の意志を持って行動し、私に理解を示してくれる」
    人だと思いました。
    そして私自身もそんな人になれるよう、頭脳の夢があるのです。

夢を実現するための計画

夢っていうのは実現する為にあるものです。
実現したら夢でなくなるとは言いますが、その頃にはきっと新しい夢ができていることでしょう。

私の計画としては、まずブログを続けて活動基盤にしていきたいと考えています。
先日参加したセミナー(セミナーに参加してきました〜佐々木正悟、jMatsuzakiに聞くスペシャル〜)
で実際にブログを活動基盤にしている方と会い、ブログの力を感じました。

そして以前から漠然とフリーランスになりたいと考えていました。
夢を掘り下げて考えていくうち、私の夢を全て実現するにはやっぱりフリーランスは適切であると感じています。
ただし全くメドが立っていない状態ですので、フリーランスになるにはどうしたら良いかを考え行動していくことが現在の計画となります。

夢を実現する上で、ブログは強い効力を持ちます。
自分が考えていることを整理する場になりますし、積み重なれば自分自身の、「個人」としての実績になります。
叶えたい夢がある、そんな皆さんもブログを書き、ブログと共に成長していきませんか?

ササキより

自分の夢と向き合う

みなさんは夢、持っていますか?

私も持っています。今日は私の夢を語っていきます。

 

スポンサードリンク

 

1.マイホームを買う

子供の頃からの夢です。土地ごと買います。

2.フリーランスになる

自分で仕事を作り出すことに憧れています。

また、自分のペースで仕事をしたり場所を選ばなかったり、という魅力もあります。

そして単純にカッコイイ!

3.本を出す

本。これも憧れですね。

ライフハックについて書いた本というのも考えますが、小説も書いてみたいと思っています。

 

今大きく、そしてわかりやすい夢を書き出すとこんなところでしょうか。

2番のフリーランスになる、についてもう少しだけ語ろうと思います。

やっぱりフリーランスになるなんて大変だよ、とよく言われるんです。その度に不安になります。自分がフリーランス なんてやっていけるのかって。

でも、やってみないとわからないし後悔もすると思うんです。

大変さで言えばサラリーマンだって大変です。

大学生だって大変だったし、高校も中学も小学校も大変だった。

何をしていたって人間、悩みはつきまとうんでしょう。

特にお金に関する悩みは大きいです。

もちろんサラリーマンになれば毎月お給料がもらえますが、もし会社が倒産したらどうしようか?今は大丈夫だけど十年後、今の会社がどうなるかなんて誰にもわからないでしょう。

だからといってフリーランスになったらもっと不安定だ。

それはわかりますが、「自分でお金を稼ぐことができる」ようになれるのはフリーランスかなと考えています。自分だけでも仕事ができる方法を知っていれば将来の不安も和らぐんじゃないか?と考えたんです。

といってもまだ漠然と考えている段階なので今後変わっていくかもしれません。

夢は人間の原動力です。でも変わっていけばいいと思います。少しずつ自分の本当に目指しているものを探りながら、夢に向かって生きていく。

それが私の一番の夢です。

 

ササキより