夢に向かうのは大変疲れるという話

夢は原動力

夢って素晴らしいですよね。

やっぱりやりたくないことよりもやりたいことの方が力を発揮できますし、集中力だって違います。
成功した時の喜びも全く違います。

人間の原動力になるのは夢だと思います。

 

夢は難しい

だけど夢に向かい続けるのは大変です。
実際、多くの人が大人になる頃には夢なんて語らなくなります。
夢に向かい続けるのは多くの人には難しいからです。

そもそも夢ってなんだろう、って考えると結構難しいです。
なんとなくこんな感じのことがしたい、というイメージは合っても具体的にと言われると上手く出てきません。

ただ僕は夢に向かい続ける先人と出会い、夢に向かい続けることの素晴らしさを知りましたし、そのための方法や多くのヒントを得ました。
おかげで僕も夢に向かい日々努力をすることができます。
その方法はこのブログで伝えていきたいです。

 

夢で疲れたって良いじゃないか

夢は疲れます。

夢は原動力になるので、夢があると頑張ります。
頑張ると疲れます。

夢は難しいので、やっぱり疲れます。
多くの人は夢とは別にやらなければならないことがあると思います。
両方やるなら、それは片方やるより疲れるでしょう。

疲れるとどうしてこんなことをしているのかって思い始めたりします。
だって、夢を諦めてしまえばもっと楽なんです。
疲れる要因が減るし休む機会だって増えます。
大体夢ってやつは難しすぎるんです。
疲れる割にあんまり成果が出ているように感じられないんです。
地道なんです。

でも、疲れたって良いじゃないか。

だって疲れたってどうしたって諦められなかったのが夢なんだもの。
疲れたーって一時的に放り出しても、もう一回始めれば良いじゃないか。

疲れた時は休めばいいと思う。
だって、やめてしまうより良いし。
好きなことなのに疲れたって口にするのに抵抗がある時期もあったけれど、疲れた!今日もうやめとく!!って言っても良いと思う。

あんまり長く疲れた日が続くなら、このやり方駄目だった!変える!って言えば良いと思う。

夢は難しいし疲れる。
ここを受け入れられれば大きな成果が得られなくても、疲れても、そこに感じる負い目は減ると思う。

ちょっとかっこ悪かったって夢を持ち続けたいと思う。

 

スグより

 

スポンサードリンク