Evernoteで作成したノートを見返すための工夫

Evernoteはとても便利なツールです。

ですが、せっかくEvernoteにアイディアを溜め込んでいても、普段見返さない。
そもそも、どんなノートを作成したのか忘れてしまっていました。

そこで今回、重い腰を上げて対策を考えたのでご紹介します。

1.目次を作る

まずEvernoteを見返したくなった時、どのノートを見れば良いか、Evernoteのリンクを貼ったノートを作成し、目次として使います。
こういうものはいつも見ていないと忘れてしまいそうなので、ノート名は「毎日見るノート」としました。

毎日見るノート

 

目次には「こういうことをやりたい」という時に見れば良いノートのリンクを貼ってあります。
例えば、僕は人に話を伝えるのが苦手だと感じていましたので、話がわかりやすい上司の話し方を分析して以下のようなテンプレートを作っていました。

人に伝える技術

こうして、目次に対してノートをひも付けていくことでEvernoteを活用しようと考えています。

 

2.ショートカットに登録

ショートカット

 

Evernoteにはショートカット機能があります。

使い方はノートをドラッグしてショートカットの上に持っていくだけ。
ここにノートを置きます。

他にもいくつかノートがありますが、何度も見返したいノートや、定期的に必ず使うノートを登録しています。

こうすることで、Evernoteを使うときに無意識に目に入りやすくします。

3.まとめ

今回は「いつも見るところ」に「Evernoteの使い方がわかるもの」を作成しました。

今は目次からリンクしているノートは一つで完結する内容になっていますが、今後情報が増えてきたら目次の先に関連するノートのサブ目次、という使い方も考えています。

Evernoteには多くの情報を貯めこむことができ、その情報を活かすことができないととてももったいないです。
今後もEvernoteをより有効に活用することを定期的に考えていきたいです。

 

スグナオヤ

 

スポンサードリンク