ブロガーが名乗る名前をどうするか?〜名前を考えるポイント〜

近いうちに私はブロガーとして名乗る名前を変えようと考えています。
理由はオリジナリティが無いことです。

私は現在、本名のササキを名乗っています。
ですが、ササキという名前はたくさんいます。
つまり、オリジナリティはほぼ無いと言えます。

今回はオリジナリティが無いことによるデメリットという視点で名前を考えるポイントを紹介します。

スポンサードリンク

アカウントの取りやすさ

まず、オリジナリティの無い名前はアカウントが取得しづらいことが挙げられます。

佐々木をそのままローマ字にしたsasakiというアカウントであればできたばかりのサービスくらいでしか取得できないでしょう。
また、ブログやサイトのURL・各種アカウントは統一されているのが理想です。
あるサービスではsasakinoteなのに他のサービスではsasaki0826というアカウントだったりすると、せっかく自分を探しに来てくれた人を混乱させ、探すのをやめてしまうかも知れません。

オリジナリティのある名前であればアカウントが取得しやすくなり、アカウントの統一も容易になります。
※jMatsuzakiさん(@jmatsuzaki)がセミナーで紹介していたアカウント統一の重要性のお話を参考にしています。

 

検索の引っかかりやすさ

「ササキ ブログ」と検索すればたくさんのブログが出ます。
これでは「ササキ」だけ覚えてもらっても私のブログにはたどり着けないでしょう。

オリジナリティのある名前であれば、名前だけ覚えてもらえばブログに辿り着いてもらえる可能性が上がります。

 

決定打・よくある名前は自分を思い出してもらえない

色々述べてきましたが、ブログが大きくなれば検索にも引っかかりやすいですし、各種アカウントもブログからリンクを貼れば問題ないようにも思えます。

そう考えて、オリジナリティが無いのをわかりつつもまず「ササキ」という名前でブログを始めてみましたが、一つ決定的な問題がありました。
仮に「ササキ」という人が二人いた場合、「ササキさんが〜」という話をしたら聞いた人はよく知っている方のササキさんを連想するでしょう。

つまり、今後出会った人が既にササキさんというブロガーを知っていた場合、私はその人の影に隠れて記憶に残りづらく、思い出されづらいのです。

これが決定打になって、私は本名とは別に名前を名乗ることを決意しました。
書いた記事が読まれないのは辛いですし、名乗っても覚えてもらえないのはもっと辛いことです。
余談ですが、私は存在感が薄いのかよく忘れられます。
点呼取っていて目の前にいるのに名前呼ばれないとか。

近いうちに名前を変更する予定ですが、それまでは「ササキ」で行こうと思います。

 

ササキより