昨日の自分は別人。明日やりたいことは明日の自分にきちんと引き継ごう

年末年始の休みを終え、出勤してみたら自分の仕事がわからなくなっていました。
とはいえ、僕はいつも通り今日やることファイルを開き、事なきを得たのです。
実際は仕事を思い出しながら進めたのですが……。

スポンサードリンク

昨日の自分ってもはや別人だよね

学生時代、テスト勉強をしている間はやりたいことがたくさん浮かんでいたのにいざテストが終わってみると何もする気にならない。というか何をしたかったか思い出せない。

そんな経験はありませんか?
僕は昨日の自分は別人だと思っています。
なので明日の自分も別人です。
毎日やっていること(例えば学校に行くとか会社に行くとか)であれば別ですが、明日になればやりたいことの大部分が思い出せないのです。

明日の自分に引き継ぐ

そこでやりたいことは一箇所にまとめておきます。
僕は簡単でラクなので、主にテキストファイルに書いておきます。

毎朝それを見て、今日はこれとこれをできそうだな……と選び、今日の予定に組み込みます。
もし緊急の用事が入ったら明日の予定に入れ直します。

こうすることできちんと明日の自分が、やりたいことを引き継いでくれる仕組みができます。

番外編・ブログという引き継ぎ手段

ブログはかなり強力な明日の自分への引き継ぎ手段だと思っています。

時々ブログを見返します。
なんとなく見返す時もあれば、ブログのネタに困って見返すこともあります。
すると、ある習慣を始めた時の自分の決意など、気持ちが書いてあります。
書いた時の自分から今の自分へ引き継ぎが行われる瞬間です。

最近おろそかになっていたことをもう一度取り組み直したり、まだ続いていることだからもう少し掘り下げて記事を書いてみたり。

特にブログは他の人が読むことを想定しているのでなるべくわかりやすいように書いています。
これはただのメモや日記にはない特徴です。
僕自身、自分が考えたことを形に残したい、というのはブログを始めた大きな動機でした。
ブログ、考えるのが好きな人にはとても良い武器になりますよ。

スグより