インプットをトリガーにする〜インプットとアウトプットのバランスを取る方法〜

アウトプットを増やしたいと悩んでいた私は先日、一つの試みを始めました。
インプットの時間を減らすことで今までにインプットしたことについて考え、アウトプットにつなげようという試みでした。

アウトプットを増やすためにインプットを減らしてみる

今回はこの試みが見事に挫折したこと、そして気づいたインプットとアウトプットのバランスの取り方をご報告します。

 

スポンサードリンク

 

インプットを減らして何が起きたか?

まずインプットを減らすという試みでは、ブログと本とSNSを中心に減らそうとしていました。

本は毎日読んでいるわけではないので影響は少なく、逆にSNSは普段からかなり見ているので減らしたところでこちらもあまり影響はありませんでした。

ところが、ブログだけは違いました。
SNSを見ていると皆さんのブログ更新が投稿されます。
さすがブロガー、タイトルだけで読みたくなります。タイトルセンスに嫉妬。

皆さんのブログが気になった僕はブログを書こうとしても集中できなくなり、二つほど記事を読んでしまいました。
するとブログを書きたいという気持ちが生まれてきたんです。

 

インプットがトリガーになる

ブログを読むとブログが書きたくなる。何か似た経験がたくさんあるように感じました。
そう、あれは学生、特に高校時代……。

テスト勉強をしようとしたら掃除したくなった。
掃除中に漫画を整理したら漫画を読み始めてしまった。
決意して漫画を閉じ机に向かったら出しっぱなしのゲームが目に入ってゲームをしていたら日付が変わったので布団に入った。

……僕の意思の弱さは置いておきましょう。
どれも「目に入ったらやりたくなった」と言える体験です。
部屋の掃除だって、机に向かってみたら普段は意識しない部屋の散らかりが目に入った結果掃除したくなったわけです。

気づきました。
「目に入ったらやりたくなる法則」です。
集中したいなら机を片付けろとはよく言いますがこういうことだったのです。

つまり僕の場合、「アウトプットの前に関連するインプットを行う」 ことがアウトプットを行うためのトリガーだったのです。

 

トリガーを使ってバランスを取る

インプットがトリガーになることに気づいた僕は一日の行動を見直すことにしました。
ブログを書く前にブログを一記事読むことにしました。
すると毎日ブログを一記事読みますし、そのあと一記事書きます。

そうすることでトリガー効果でアウトプットへの意欲がわきますし、インプットとアウトプットのバランスがちょうどよくなりました。

僕にとってインプットとはアウトプットの為に必要なものだったのです。
その為にはインプットとアウトプットを同時に行うことがトリガーでした。

皆さんも自分のトリガーを探してみてはいかがでしょうか?

スグより