進撃の巨人展に行ってきました〜作品からにじみ出るドキュメンタリー〜

進撃の巨人展、行ってきた編です。
行ってきます編はこちら!
進撃の巨人展に行ってきます

 

原画の展示が多数

今回の展示では進撃の巨人の生原稿が額に入れて多数飾られていました。

他にも作者の諫山さんに関する展示物や立体機動装置のような漫画に出てくる物を再現した展示物もあり、ファンにはかなり魅力的な展示会だったと思います。

ですが漫画を描くことに興味のある僕にはやはり、プロの生原稿は初めて見るもので一番の見どころでした。

 

生の原稿という魅力

僕は進撃の巨人の単行本を最新刊まで持っているので、原稿も見たことがあるものばかりでした。

一緒に行った友人は見たことがあるからあまり面白くは無かったそうです。
では僕はなぜ魅力を感じたのでしょうか。

具体的に魅力を感じたのは印刷されないような余白部分、その余白まで引かれた線、トーンの切れ目、光を反射するインク……。

とまあ、印刷されたものからはわからないような箇所です。
僕は一応、漫画を作ったことがあるので作り手側の目線で見て面白いのだろうと自分でも思っていました。
でも作品を見ているうちに気づいたんです。
生の作品だからこそドキュメンタリーが伝わることに。

 

感じたドキュメンタリー

僕が感じたドキュメンタリーというのは、例えば原稿用紙についた傷。
もし作品の複製物であれば傷は印刷されることなく消えて無かったものになっていたでしょう。
雑誌掲載時や単行本になった時ももちろん印刷なので、消えているものです。

よく若い頃の方が荒削りだけど良かった、なんてアーティストが評されることがあります。
一体どういうことなのか、と思っていましたがそれは若い頃の方が未熟な分苦労して作り上げたというドキュメンタリーが伝わってくるのではないでしょうか。

もちろん苦労すれば良いわけではありません。
僕であれば、作品を作る度に技術を磨き、セオリーを知り、経験を積んで行きたいです。
その過程で得たものは作品を作ることを自由にしてくれるでしょう。
しかし自由になるだけで楽になるというわけでもないのです。
身についた部分を作るのは楽ですが、より良くするにはどうしたら良いかは常に考えたいと僕は思っています。
ドキュメンタリーというのはその過程の道のりのことだと思います。

つまり若い頃の方が、と評されてしまうのであればそれは技術もセオリーも経験も身についているけれど、作品を作る過程での道のりが減っているということではないでしょうか。

僕はずっとより良い作品を目指して考え抜く、そんなブロガー、クリエイターになりたいです。

スグより

 スポンサードリンク