仕事の前に神社に行こう!!

去年お賽銭をどれだけ投げましたか?
僕はよくわかりませんが多分200回くらいです。
投げすぎてよくわかりません。

会社に行くのが嫌すぎて神社常連になった

一昨年、2013年の4月頃の話です。
新入社員の僕は会社に行きたくありませんでした。
正直に言って就職したくなかったからです。

入社してから数日、ある道を通り過ぎる度にその道を曲がった先に鳥居があるのが気になっていました。
なんとなくですが和風っぽいもの好きです。本当になんとなくなんですが。

僕は早めに家を出ているのでいつもは会社に始業の30分前に着きます。
ある日、神社に寄っても絶対会社に間に合うと思い、その神社に行ってみました。

砂利の上を歩いて、作法はよくわからなかったので手水舎(手をあらう場所)を素通りし、賽銭箱までたどり着きました。

賽銭箱は扉の向こうにありました。扉のガラスの一部だけが外されて、その隙間から賽銭を入れるようになっています。
どうやら防犯の為のようです。
手を突っ込むとビービー鳴るらしいので皆さんもご注意を。
つまりガラスの間にお賽銭を投げ込むのが正しいようです。

参拝してみると気持ちが落ち着きました。
電車や会社のような無機質な雰囲気とは違い、木も生えています。
そして会社に行きたくない気持ちもやわらぎました。

以来、僕は週に三回以上神社に行っています。
これは別にそうしようと思っているわけではなく、プチ現実逃避で行きたくなるんです。

今では手水舎で手も洗いますし、二拝二拍手一拝だってします。
そして眺めにお祈りします。
特に何かを願うと言うよりは、心を落ち着けています。
嫌なことがあったら神様に聞いてもらいます。
目標を宣言することもあります。
無心で風の音を聞いている時もあります。

とにかく気持ちが良いのです。
僕は仕事にあまりやりがいだとか達成感を感じられていないのですが、神社に行くことが精神の健康を支えてくれていると思っています。

 

神社参拝というハイスペックな趣味

神社参拝する僕じゃなくて参拝という行為がハイスペックなことを最初に主張したいと思います。

理由を挙げていきます。
・お賽銭だけなのでお金がかからない
・意外とその辺にたくさん神社はある
・ふらっと出かけた先でもう少し何かしたい気分だったらGoogleMapsで神社を探せば大体ある
・あっちこっちの神社に行ってみると意外と構造が違って楽しい
・木が多いので季節が感じられる
・神様が味方につく

どうでしょうか。
つまりお金がかからなく、かつ四季を感じられて日本なら大体の場所でできる神様が味方になる趣味、それが神社参拝なのです。

おまけにリフレッシュもできるんです、すごいでしょう!?

 

個人的な神社の見どころ

神社の見どころは賽銭箱が置いてある建物(大体の場合拝殿)の裏にある本殿です。
もしかしたら構造の違う神社もありますが、本殿にはご神体が祀られていて、いわば神社の中心なのです。

神社というと参拝して帰るのが一般的かと思いますが、本殿を見ないのはもったいないです。
拝殿の裏に続く道があってその先に本殿がある場合や、拝殿から廊下が伸びていて本殿がある場合などまちまちです。
その違いもポイントです。

本殿は中に入れるものではないので見るだけですが、拝殿の裏にも建物があるんだよ、ということだけ覚えておくとちょっとお得感です。

あとは鳥居と灯籠です。
鳥居には木製と石製があります。
多いのは石製でしょうか。
たまに大きな神社に行くと 大きな木製の鳥居が出迎えてくれて感動します。

灯籠は神社の前の道に並んでいることが多いですが、残念ながら現代ではその途中を道路が横切っているなんて事態が多くあります。それでも長く続く灯籠は壮観です。

 

趣味が神社というのはあまり聞きませんが、あまり深く考えずに時間があったらふらっと立ち寄ってみてください。
少しだけ日常から切り離された空間が、あなたを待っています。

 

スグより

 

スポンサードリンク