やりたいことに仮の実行日を決めると実行率が上がる

誰しもいつかやりたいことがあると思います。
僕もあってリストにしていたのですが一向にやる気になりませんし、段々リストを見なくなっていました。

そんなやりたいことを仮で予定に組み込んだところ、実行できるようになったので紹介します。

 

スポンサードリンク

 

実行されなかったやりたいことリスト

例えば時間の使い方を見直したいと思っていた時。
やりたいことリストに書いておいたもののいつまでたっても実行しませんでした。

休日なら時間はあったはずですが、例え当日の朝にやりたいことリストを眺めても予定に入れませんでした。
正直に言うと面倒臭かったんです。

 

とりあえずやりたい日を決めた

ある日、時間の見直しを特定の日に予定してみたんです。
平日ではじっくり時間がかけられなさそうだったので土曜日にしてみました。
土曜日の朝、その予定を見て僕は何時頃できるかな、と考えました。
そしてその時間通りに時間の見直しを行うことが出来ました。

どうも人間の頭というのは予定と実行タイミングを分けないとやる気にならないようです。

 

週単位と日単位でやりたいことリストを分けた

僕はやりたいことは全て仮でも実行日を決めることにしました。ですが一日ずつ予定を決めていると、実行できなかった時に管理しづらいです。実行できたものとまだのものが混乱するからです。

そこで週の予定と日の予定を分けました。
新しくやりたいことができたら来週の予定に入れます。
もし来週の予定がいっぱいだなと感じたらその次の週に入れておきます。
週の予定を作っておくことでその週に管理するやりたいことを増えすぎないようにできます。

土曜日になったら来週の予定を確認し、その予定を来週に日単位で割り当てていくのです。
例えば本を読みたいので月、火、水の三日間に予定を確保したら読みきれそうだ、というように予定します。
月曜日当日に実行できそうに無ければ一日ずらして火、水、木の予定に割り振り直します。

時間が無い時はどんどん先延ばしになったりもしますが、今までだと平気で何ヶ月も放置され、最悪わすれられていたやりたいことが数ヶ月以内に実行されるのだから大した問題ではありません。

 

このやり方で、僕はやりたいことを実行できるサイクルを手に入れました。

 

スグより