GoogleドライブとEvernoteどっちを使うか?

GoogleドライブとEvernote、どう使い分けるかに悩んだのでメモを残しておきます。

 

スポンサードリンク

 

容量制限の違い

まずGoogleドライブとEvernoteの違いとして容量制限の違いが挙げられます。
Googleドライブは保存できる容量自体に上限がありますが、Evernoteはありません。
代わりにEvernoteには一ヶ月でアップロードできるデータに制限があります。

月額で料金を払った場合、Googleドライブは容量上限が上がり、Evernoteはアップロード上限が上がります。

ただしGoogleドライブの場合、Googleドライブで作成したデータ(=Googleドキュメントやスプレッドシート)は容量を使いません。

 

機能の違い

Googleドライブはフォルダを作成し、その中にGoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートを作成します。
このドキュメントやスプレッドシートはOfficeソフトのような性能を備えているのが魅力です。
WordやExcelに慣れているのであれば是非使いたい機能です。

Evernoteはフォルダはありませんがノートブック(フォルダのようなもの)の中にノートを作る仕組みです。
どちらかと言うとタグを付けて必要なノートを探すようになっています。

また、どちらも検索機能があるのでファイル名を覚えていたりルールを決めて名前をつければ同じように探し出せます。

 

個人的使い分け

今回悩んだのは、僕が定期的に作成するレポートをどちらで保存するかです。
このレポートは今週の振り返りだったり、行動記録のグラフの画像を貼り付けることを想定しています。

まず引っかかったのは容量制限です。
Googleドライブには容量に上限があります。
画像を貼り付けるのであればEvernoteの方が容量制限がなく便利そうに思えました。

でも、レポートには表も使いたかったんです。
表を作るならGoogleスプレッドシートが便利です。
ついでに定期的に作成するレポートだということは、年や月で分けておけると便利です。
これにはフォルダが作成できたほうが便利そうでした。

容量と使いやすさどちらを取るか?という問題でしたが、Googleドライブを使うことにしました。

理由としては、Googleドライブは無料でも15GBまで容量が使えること。
そして、僕が容量を使うタイミングは定期的なレポート作成時のみということです。

容量上限15GBということは、1MBある画像を15,000枚アップロードしても大丈夫ということです。
1MBある画像をアップロードすることは無いと思いますし、15,000枚だってアップロードしなさそうです。

また、レポートは見返すことはあっても編集することはほぼありません。
なら、古いものはダウンロードして外付けHDDにでも入れておけばGoogleドライブの容量いらないじゃない。

そう考え、容量よりも機能を取りました。

 

今後もメインはEvernote、状況に合わせてGoogleドライブという使用方法になりそうです。

スグより