前に進み続けろ!〜PDCAを回そう〜

私の学生時代の話です。

小学校の時、勉強はさほど苦労しませんでした。

暗記は苦手でしたが家族の協力でテストの点は取れていました。

中学校では英語が苦手でしたが、塾に通うことでテストの点は取れるようになりました。

さて高校。一人で勉強していたら成績は学年で下から数えたら良い順位になっていました。

私が言いたいのは、なんとなくできていることはなぜできるのかわかっていない為にある日できなくなることがあるということです。

私の場合で言えば、周りの協力で苦手を潰せていた勉強が授業を受けるのみではなんともならなくなったということです。

でも私は出会ったんです。森羅万象あらゆる物事を少しずつでも改善していく方法に!

その名はPDCA!!

スポンサードリンク

 

PDCAというのは、

Plan(計画)

Do(実行)

Check(検証)

Action(改善)

の頭文字を取ったものです。

何かをする時計画を立て、実行する。

終わったら検証を行って問題点は何か考え、改善策を考える。

これがPDCAです。

具体的に行きます。

私はこのササキノート以前にブログを作ったことがありますが、一年と経たずに閉鎖してしまいました。

ですがササキノートはなんとか継続していきたいと思っているんです。

問題点はブログを書くのに飽きてしまうことでした。

なぜ飽きてしまうのか?答えは簡単、ブログって面白そうだなと思って始めたのですが書く内容が無かったからです。

ササキノートは日々考えていることをそのまま書く、という「計画」を立てました。

そしてそのまま「実行」中です。

これまでの数日間を「検証」してみるとブログを書くのが全く苦になりません。私は考えるのが好きなので、日々考えていることがブログ記事という形で残るのが嬉しいのです。

しかしここで一つ問題点が見つかります。アクセスが伸びません。せっかく書いてもほとんど誰も見てくれていないのです。

ここで「改善」です。アクセスが伸びないとはいえまだ数日、さすがに記事の量も続けた期間も少なすぎるという仮説が立てられます。

ということで今の「計画」は毎日ブログを更新してブログの記事量を増やすことです。もしそれでも読まれていなければまたその時検証、改善を行えば良いのです。

このようにPDCAとは一回で終わらず、実行するたびに新しい問題を発見、その問題の解決策の仮説を立てて実行、と繰り返すことで大きな効果を発揮するフレームワークなのです。

当たり前と言えば当たり前のことですが、当たり前を明確に意識することが重要であると私は考えています。

PDCAを回し続ける限り、私は前へ進み続けることができるでしょう。

ササキより

早起きは三文の徳3

早起きは三文の徳シリーズ第三回です。

前回の記事は以下のリンクから読むことができます。

早起きは三文の徳

早起きは三文の徳2

自分で早起きがいかに重要かを書いておきながら、だんだん起きるのが遅くなっています。今日は5時45分に起きました。

4時起きを理想としている私としてはあまり早起きとは言えません。

そこで今回は前回とは逆に、今日早起きが上手く行かなかった原因を探っていきます。

1.寝るのが遅い

うっかり寝るのがいつもより遅くなる場合です。

夜に本を読み始めたりテレビを見ていてつい寝る時間を超えてしまうとリズムを崩してしまいます。

ただ昨日はいつも通り22時に布団に入ったので今回は関係無さそうです。

2.疲れている

体が疲れていると無意識に睡眠が長くなると感じています。

寝る前のストレッチや自分で肩を揉むなどの対策をした方が良いです。

毎日疲れを溜めないことが重要です。

3.眠いときに寝ていない

普段寝ているのが22時だとしても、21時頃に眠気がくることがあります。

昨日もそうだったのですが、いつも寝るのが22時だからとそのまま放っておきました。

4.夜アイスを食べた

21時頃に眠気があるにも関わらずアイスを食べました。

その時は気にしていなかったのですが、食べたことで体を冷やした、眠気が飛んでしまった等が考えられます。

5.あわてて寝た

22時をすぎそうだったので急いで寝ました。

6.一日を振り返るタイミングが違った

私は毎日寝る前に今日がどんな日だったか振り返るのですが、夕食前に時間があったため先に振り返りを行いました。

これもいつも通りではないので原因なのかも知れません。

 

どれも「もしかしたらこれかも」という程度の原因ですが、意識しておけば今後の早起きに役立てることができるでしょう。

この推測を元に早起きを習慣にしていきたいと考えています。

 

ササキより

 

 

早起きは三文の徳2

早起きは三文の徳シリーズ第二回です。

前回の記事は以下のリンクから読むことができます。

早起きは三文の徳

早起きが重要であることは前回書いた通りです。

でも、朝起きたら家を出る時間だった!目覚ましを無意識に止めて寝ていた!なんて経験、みなさんもあるのではないでしょうか。

ちなみに私は目覚ましが鳴っていることに気づかず寝続けるタイプです。そのまま十二時間経って夕方にまた目覚ましが鳴ることがよくあります。

そこで今回は早起きをする為に私が努力していることを紹介していきます。

ここで大事なのは、あくまで私の方法であることです。

起きるという行為は無意識で行われる為、皆さんにこの方法が通用するのかはわかりませんし、私自身早起きの習慣が途切れるともう一度早起きできるようになるまでに期間がかかることもよくあります。

あくまで参考として頂ければ幸いです。

1.早く寝る

睡眠時間を削るのでは本末転倒です。

また、起きることは無意識ですが寝る時間を早くすることは意識的にできます。

疲れていると寝すぎることが多いため、毎日疲れを溜め込まない為にもこの方法が一番有効だと感じています。

2.寝る前に筋トレをする

一分程度ですがすぐに疲れます。

適度に疲労することで眠りやすくなるように感じています。

3.寝る前に朝起きる時間を十回唱える

寝る前に

朝四時に起きてブログを書く……朝四時に起きてブログを書く……朝四時に起きてブログを書く……

と唱えます。

唱えていないと目が覚めてもやりたかったことを思い出せず起きる気力が出ません。

ただしこの方法、起きる時間はあまりコントロールできなさそうです。事実、今日私が起きたのは五時です。

4.自分への手紙を書く

明日の自分へ夜のうちに手紙を書き、目覚まし時計の下に置いてして時計を見た時見えるようにします。

3番を思いつく前に実践していた方法ですが、結構面倒くさいのとあまり効果がなくやめてしまいましたが、朝やりたいことを確実に次の日の自分に伝えることができる方法です。

5.諦めずに続ける

もう一度言いますが起きるのは無意識で行われる為、早起きはよく失敗します。

それでも諦めずに続けることで習慣にすることができます。

一度早起きできれば不思議なもので何日も続けることができる場合が多いです。

意識しなくても毎日早起きできるようになるのが私の目標です。

 

以上が私の実践している早起きの為の努力です。

皆さんも自分に合う方法を探してみてください。

 

ササキより

早起きは三文の徳

早起きをすると仕事に行く前にブログが書けます。

これは非常に重要なことです。

早起きをしなければ

「会社に行って帰ってきて、寝る前に少しでもやりたいことをやる生活」

ですが、

「起きてやりたいことをやって合間に会社に行って、またやりたいことをやって寝る生活」

に変えることができます。

仕事が最重要ではないということを体現できるわけです。

もちろん仕事は生きていく上で大切ですが、最重要ではありません。

最重要なのは生きていくことです。仕事はその為の手段です。

寝る前の数時間を削り、睡眠時間はそのままで朝に時間を作ろうというわけです。

時間の使う順番を変えるだけで、生活に変化をもたらすことができます。

 

ササキより

SASAKINOTE

本日よりブログ「ササキノート」を開設します。

どんなブログなの?

人生を少しでも充実すべく、日々実践したことを書いていくブログです。

具体的に挙げてみます。

・ライフハック

・問題を解決するための方法

・自分の能力の鍛え方

どれも自分が好きなように生きるために必要不可欠だと思っていることです。

自分がどのような人生を歩んでいるかの足跡を残すと共に、その足跡を見た人の道しるべになれれば良いなと思います。

 

ササキより